ログインアカウント登録

ブログ

ユーザーにとって良いサービスをつくるために、自分の納得感と現場を大切に——アライアンスTonyの行動力

だれでも簡単にカレンダー形式でイベントを作成できて、イベント発信者とユーザーをつなぐ「公開カレンダー」。外部サービスとTimeTreeを連携できる「TimeTree Connect(タイムツリー コネクト)」。

これらのサービスで他社との協業・連携を推進するのがアライアンス職です。今回はアライアンス担当の古市(Tony)に、普段の仕事について聴きました。

話を聴いたメンバー 古市 悠 アライアンス / プランニング TimeTreeでのニックネームはTony(トニー)。国内大手通信会社にてコンシューマー向けサービスの企画・開発、法人営業及び官公庁への出向を経て、2016年に株式会社JUBILEEWORKS(現 株式会社TimeTree)に入社、様々な事業者とのパートナリングなど事業開発に従事。 インタビュー:マリノ 五木田 梨絵 テキスト:内島 美佳

TimeTreeとさまざまなものをつなげる「アライアンス」

——よろしくお願いします! 今日は私(五木田)がいろいろとお話しを聴かせてもらいますね。 まずはTonyさんの自己紹介をお願いできますか?

アライアンス担当として、他社との協業や連携を担当しているTonyです。TimeTreeと「外の世界」をつなげる仕事をしています。

この会社には2016年に当時はまだ少なかったビジネス職として入社しました。当時は、ネクストビジネスの検討、著作権関連の対応、プロモサイト整備など、プロダクト開発以外の部分を担当していました。

——すごく守備範囲が広いですね!

その頃は人数も少なくて、プロダクト開発も忙しかったので僕くらいしかそういう仕事を担える人がいなかった。今は人が増えてきたので、物によりますが手を離れています。

最近は、他社と関わる業務で営業とマーケティング以外のところを幅広くやっていますね。

それぞれの分野のプロフェッショナルと組むことで、カレンダーをより便利にしたい

——TimeTreeの「アライアンス」は、具体的にどういう仕事をするんですか?

TimeTreeでの僕の役割は、サービス連携や提携先を探したり検討したり、提携開始後のコミュニケーションなど、外部の方々との関わり全般です。

「アライアンス」って言われても直感でわかりづらいですよね。これ、僕は変えたいんですよ。共に作り上げる仲間を作るという意味も込めて、社内では「パートナリング(Partnering)」と呼んだりしてみていますが、なかなか浸透しませんね(笑)。

——TimeTreeと連携する「パートナー」との関係をつくる仕事ということですね。わかりやすいです! 外部と連携することによって、TimeTreeにどのような変化が生まれるのでしょうか。

自分たちにないものを持っている人たちと組むことで守備範囲が広くなり、1→2→3ではなく1→10→100の成長が見込めます。

たとえば、2020年7月にTimeTreeと外部サービスを連携できる「TimeTree Connect(タイムツリー コネクト)」をリリースしました。荷物の配送追跡ができる「OKIPPA」や家事の予定を自動作成する「魔法の家事ノート」などと連携できます。

僕たちはカレンダーの専門家ですが、宅配や家事の専門家ではありません。技術的には自分たちで類似サービスを作ることもできます。でもその分野のプロフェッショナルではない。ユーザーにとって本当に役立つサービスを作れないんですよ。だから、それぞれの分野のプロと組むことが大切だと思っています。

いろいろなサービスと連携できるプラットフォーム TimeTree Connect(タイムツリーコネクト)

——他分野のプロフェッショナルと連携することで、TimeTreeがもっと便利になるんですね! パートナーを探すとき専門性以外でどんなところを大切にしていますか?

「なぜ一緒にやるのか(やってくれるのか)」を突き詰めて考えると、「ユーザーによりよいものを提供したいから」に行きつきます。その「ユーザーのためにやる」という思いを共有してくれる相手だといいですね。

TimeTreeはトップダウンで動く会社ではないので、やりたいことがあるなら僕自身が社内のエンジニアを説得して協力してもらわなくてはいけません。「Why(なぜやるか)」を共有できない相手との協業では納得させられないし、やってはくれてもきっと楽しくないと思うんですよね。楽しくない仕事でいいものができるとも思えませんし。

——「Why(なぜやるか)」はTimeTreeのコアバリューにも挙げられていますし、これまでのインタビューでも皆さんたびたび口にしていますね。協業先に声をかけるときに心がけていることはありますか?

お金の話よりも、将来のビジョンやゴール設定をしっかりと伝えて共感してもらった上で「一緒にやっていきましょう」と声をかけるようにしています。

同じビジョンを見ていない相手とは、ゴールまでは行けてもその先には行けないと思います。まだ見えないゴールの先まで一緒に見据えられる相手なら、その先も協力してトライしていけそうですよね。

半分はパートナー企業のいち社員になった気持ちでお互いのよりよい未来を考える

——具体的にTonyさんがどのようにパートナリングの業務を進めているのかを教えてください。Tonyさんの役割は協業先を探すところからになりますか?

場合によりますね。7月にリリースしたTimeTree Connectのプロジェクトでは、エンジニア側でも「こういうところと連携できたらいいんじゃないか」という候補は考えていたので、一緒に「どこからアプローチすればよいか」「どこならビジョンに共感してくれそうか」を相談しました。

どんな場合もプロジェクトチームに入ってエンジニアとコミュニケーションをとりながら進めます。

——社外とのコミュニケーションだけではなくて、社内のプロジェクト自体にも関わるんですね。そうやって相談してアプローチして、ビジョンに共感してくれるパートナーが見つかった後の進め方についてもお聴きしたいです。

もちろん僕はTimeTreeの社員ではあるのですが、イメージとしては半分TimeTree側でもう半分は協業先の社員の気持ちでいます。双方の立場から「この2社がどうなったらいいか」を考えないと、よいものはできないし相手から信頼されません。

特にカレンダーサービスとの連携って前例がないので、「協業が決まりました! よし、作ろう!」ですぐに作れるものではありません。TimeTreeと協業先の間に立って、時にはコンサルタントのように先方のやりたいことをヒアリングしながら、TimeTreeのエンジニアと相談してどういう形なら実現できそうかを提案することもあります。

——Tonyさん自身が協業先に深く入り込んでいくスタイルなんですね。アプローチ前にはどんな下調べをしますか?

話をする前に相手のサービスのことは全て知っているくらい徹底的に調べますし、実際にサービスの会員にもなります。僕のメールボックスはお知らせやDMでいっぱいですよ(笑)。

——フジロックフェスティバルに単身乗り込んだという話も聞きました。

行きました行きました! メンバーの誰かが「フジロックのタイムテーブルを予定として配信するのはどうか」と言っていたのを聞いて、行ってみたんですよ。

僕はあまり音楽に詳しくないのでほとんどのアーティストを知らなかったけど、やはり現場の空気を感じてみたかったんです。台風がきたり足をけがしたりとハプニングはありましたが、最初から最後までずっといました。かなりハードでしたねー!(笑)

——すごい行動力ですね! その原動力はどこからくるのでしょう?

前職の通信会社で5年くらい新規事業チームにいました。その時に、現場の人や現場を知っている人と話すのと、数字やプレゼンだけを見て判断するのでは自分の中の納得感が全然違うと痛感したんです。

やはりリアルを知っている人は強いですよね。自分がはじめはピンときていないことでも、深く話を聴くうちに「ありなんじゃないか」と思わせる説得力と熱量があります。

だから、今の仕事でも現場感はすごく大切にしています。

「親しき仲にも礼儀あり」社内のコミュニケーションは礼儀正しく……?

——先ほど「やりたいことがあれば自分でエンジニアを説得する」というお話もありましたよね。

僕、じつはもともとエンジニアだったんですよ。5年くらいの経験でしたが、いまも社内コミュニケーションの役に立っていますね。

——なるほど! 前提知識があるとやりやすさが大きく変わりますよね。

そうですね。やりやすいのは、エンジニアメンバーが僕を受け入れてくれるおかげでもありますけどね。TimeTreeには役職ごとの所掌範囲みたいなのがあまりないからかもしれません。

「こういうのどう?」と首をつっこんでも、みんな嫌な顔やめんどくさそうな顔をしないんです。真剣に考えてくれるし、わからないことや間違っているところは教えてくれます。

——とても良い関係性が築けていると感じます。社内のコミュニケーションや関係づくりでTonyさんが大切にしていることは何ですか?

「自分でできることはわからないなりに自分で色々やってみる」ことと「やった結果わかった情報は共有する」ことですね。いつもと違う人がやることで気付く部分もありますし、記録を残しておけば後からやる人の参考にもなります。

僕は夕方くらいになるとすぐ「ちょっと飲まない?(※)」とみんなに声をかけてしまうほうなんで、仕事面は礼儀正しくしていないと「あいつ人の仕事の邪魔しかしてないな」と思われそうで(笑)。そういうところでポイントを稼いでおかないと。

※TimeTreeオフィスでは24時間いつでも好きな飲み物や食べ物を頼んでリラックスすることができます

——いい息抜きになっていると思いますよ! 社外の人との関係づくりはどうですか?

社内と違って、社外にすべてを共有するのは難しいですよね。すぐ相談するべきか、ある程度こちらで目星をつけてやってみるべきか。どのタイミングで報告や共有をするのか。動くか立ち止まるかのバランスは大切にしています。早すぎてはデータが不足しますし、遅すぎては信頼を失います。

対人交渉で大切なのは、相手の幸せを考えられること

——他社と連携した取り組みについて、今後どんな展開が予定されていますか?

季節のお花や旬の食材を公開カレンダーとして配信する予定があります。日常の中であったらうれしい情報や必要な情報を発信して、TimeTreeが皆さんの「当たり前」になれるよう努力しています。今後は「TimeTreeなかった頃どうしてたんだっけ?」と思われるくらいになりたいですね。

お花も食材も、それぞれのプロと組んで配信します。やはり専門の人は熱意と愛が違うんですよ。現在公開カレンダーで西武ライオンズさんが配信してくれている試合日程も、日程のデータだけもらって僕らが掲載することだってできたんです。でもそれじゃ熱量がないし、きっと見ていて楽しくないんですよ。

埼玉西武ライオンズ 公開カレンダー

——今後もおもしろい展開が期待できそうですね。

TimeTreeは今までのカレンダー単体のサービスから、アプリの外の世界とつながる最低限の土台ができあがったところです。もっと色々な人と組んで、関わった人たちが「やってよかったな」と思えるものにしていくのがパートナリングの仕事ですね。

——外部との関わりが増えると、ビジネス職の役割がより重要になりそうです。今後ビジネス職として入ってくる人が、持っていると活躍できそうなスキルや経験はどんなものだと思いますか?

対人交渉のスキルは大切ですね。営業でもCSでも企画でもなんでもいいんですけど、相手の幸せを考えて誰かと交渉をした経験があるといいんじゃないかな。

TimeTreeのコアバリューに「Why(なぜやるか)」がありますが、自分のWhyだけではなく相手のWhyも考えられる人。相手を思うことができる人、というのが近いかも。

——Tonyさん個人としては、どんな人と一緒に働きたいですか?

ひとつは僕と同じように道なき道を切り開いていきたいタイプ、もうひとつは一緒に道を歩いて共感してくれるタイプですかね。切り開いていくタイプはハイレベルな経験が必要だと思います。共感タイプは、若くても色々なことに興味を持って相手のことを考えられる人ならばきっと大丈夫です。

あとは、何事にもポジティブに考えられる人かな。音楽に詳しくなくてもフジロックに行ってみようと思えて、行ったら行ったで楽しめる人!(笑)

——いろいろ新しい経験ができそうですよね。今日はありがとうございました!

TimeTreeの採用情報

TimeTreeのミッションに向かって一緒に挑戦してくれる仲間を探しています。マーケティング、サービス企画職も積極採用中です!

https://timetreeapp.com/intl/ja/corporate/jobs

© TimeTree, Inc. All rights reserved.