ログインアカウント登録

ブログ

自分の働きやすさがチームの働きやすさにつながるように——フロントエンドエンジニアJoshの考える働き方

TimeTreeの開発・運営メンバーの働き方や大切にしている考え方を紹介するインタビューシリーズ。今回はフロントエンドエンジニア細谷(Josh)の働き方を紹介します。

初めてのフロントエンド専任エンジニアとしてTimeTreeに入社したJoshは、当時まだ確立されていなかったフロントエンドの開発手法にたくさんの提案やアドバイスをくれました。そんなJoshに、フロントエンド開発の面白さやTimeTreeの印象について話を聴きました。

話を聴いたメンバー

細谷 修司 フロントエンドエンジニア

TimeTreeでのニックネームはJosh(ジョシュ)。2018年に株式会社JUBILEE WORKS(現 株式会社TimeTree)へフロントエンドエンジニアとして入社。現在はWeb版TimeTreeの開発を中心に、TimeTree ConnectやAPI連携など多数のプロジェクトへ参加して開発を進めている。

聴き手:渡部 晋也(Steve) テキスト:内島 美佳

興味関心を追求したら、自社開発のフロントエンドにたどり着いた

——まずは自己紹介をお願いします!

エンジニアのJoshです。主にフロントエンドを担当しています。Web版TimeTreeの開発にずっと携わっていて、TimeTree Connectなどプロジェクトにも関わっています。

——Joshがエンジニアになったきっかけは何ですか?

どこから話そうかな……。大学は法学部で、実は文系だったんです。でも、将来の仕事のことを考えたら自分が法律系の仕事をするとは思えなくて、別の道を探そうと中退して色々な仕事をしてましたね。

私には大学院を卒業してエンジニアになった兄がいます。ちょうどその頃に兄から「プログラミング面白いからお前もやってみたら」と言われてやってみたら楽しくて、未経験でできるエンジニアの仕事がないかと探しはじめたんです。

——そこからJoshのエンジニア人生が始まったんですね。最初はどんな勉強から始めたんですか?

最初は兄から借りた技術書を読みながら基礎を勉強してました。まあただ基礎だけやっていても、これで何ができるのか分からなくてあまり面白くなくて(笑)。

ネットで競技プログラミングの練習問題を解いたり、自分でWebサービスを作ってみたりしました。

——話を聴いていると、「やっていて楽しいかどうか」「興味を持てるかどうか」が重要な判断基準になっているようですね

興味がないことに対しては全く能力を発揮できないんです。勉強にしろ仕事にしろ何かを継続するのは大切ですが、長く続けること自体よりも興味のあることを続けるのが重要だと思っています。興味があるからこそ、自分の身になって経験として残るというか。

——エンジニアとしての仕事は、最初からフロントエンドをやっていたんですか?

いえ、以前は受託開発で基幹系システムやBtoBサービスのバックエンドを担当していました。

その後に担当したサービスがきっかけでフロントエンドに興味を持ちました。ユーザーが直接触れる部分なので、ユーザー視点になって「こういうのがあったら便利だな」と考えながら作れるし、作ったものを自分ですぐに触って試せるのがフロントエンドの楽しいところですね。

——それでTimeTreeに入ってからはWebフロントエンドをずっとやっているんですね

自社プロダクトのフロントエンドをやれる求人を探していたんです。元々自社案件をやりたいと思っていて、約4年のエンジニア経験で技術も向上したので「そろそろいける」と思って応募しました。

「自分の働きやすさ」を追求することが、働きやすいチームにつながる

——Web版TimeTreeチームの中で、Joshはどの機能を担当しているんですか?

スクラム開発を取り入れているので、「この機能はこの人」という分け方ではなく、機能の一部分ずつを割り振ったりモブプロでみんなで動いたりしています。機能ごとの決まった担当者はいないんです。

スクラム開発はすばやくPDCAをまわすための開発手法のひとつです。エンジニア間で能力差を作らず、誰でも開発ができるようにすることを目的としています。誰かが休んでも他の人が代わりに開発を回せるようになるんです。TimeTreeでは私が入社するまで主だった開発手法がまだ導入されていなかったんです。

——スクラム開発はJoshが取り入れようと提案したんですか?

そうですね。私が入社したときはフロントエンドチームがまだなく、専任で入ったのも私が最初でした。だからそもそも開発手法が確立されていなかったんです。

前職ではスクラムを進めるためのコーチに入ってもらって、毎週フィードバックをもらいながらやっていて、個人的にもやりやすい手法だと思っていました。TimeTreeのフロントエンド開発をどう進めるかという話になった際に、それを思い出して提案してみました。

——導入はどのように進めたんですか?

資料を作り、「スクラムってこういうものですよ」と説明する時間をもうけて話した記憶があります。TimeTreeは新しい手法を取り入れるのに意欲的なメンバーが多いので、「こういうのどうですか?」と提案したら「じゃあやってみよう」とすんなり受け入れてもらえました。

——取り入れてみて、どうでしたか?

それまで開発してきた積み重ねもあるし、いきなりかっちりとスクラムでやっていくのは難しかったので、できることから始めてみてどんどん改善していく形をとりました。用語が多いので最初は大変でしたが、最近では普通に通用します。フロントエンド以外にも波及して、スクラムを取り入れるチームが増えました。

ただ、スクラムをやっていく中で課題も出てきたので、対応策としてモブプロをやることになったんです。

——モブプログラミング、複数人でやるプログラミングですね。

モブプロの様子

モブプロは取り入れて1年くらいになりますが、こちらもスクラムと同様やりながら改善していっています。少し前にも、その日のゴールが事前に明確になっていない点を変えたくて問題点と改善提案をまとめてドキュメントツール「Notion」に載せました。

それまではモブプロで取り組むテーマは事前に決めていたものの、どこまでやったら完成か、どういう風に設計するかはその場で話し合いながら決めていたんです。だから二転三転して、開発以外の部分で面倒が多かった。

そこで、事前にテーマや完成点を設定するファシリテーターを決めて、当日はそれを元に話し合う形に変えてみました。

関連記事

「ユーザーにいち早く価値を届けられる」ことが最大のメリット! TimeTreeも実践するモブプログラミングとは?

—— そうやって改善提案をするのは、Josh自身が働きやすくなるのもあるけど、チームの働きやすさも考えてのことなんですかね?

一番は自分が働きやすい環境を作ることですね。他の人が感じていることはどうしても正確にはわかりません。働きにくいと感じるなら、その人が改善案を出したほうが適切な案になります。それぞれ自分が働きやすいよう改善していくことが、チームの働きやすさにつながるのではないかと思います。

いつ言ったかよりも、なにを言ったかが大切。さまざまな意見を尊重できる会社

——Joshから見たTimeTreeの第一印象はどうでしたか?

入社面接でLouisが言っていた「面接はミスマッチを減らすことが目的で、こっちから一方的に審査するものではない。お互いをどんどん知って、納得できるところまで話しましょう」という話が印象に残っています。私も会社と社員は対等な関係であるべきだと思っていてるので、フラットな感じに強く惹かれました。

——他のメンバーのインタビューでも面接の話はよく出ますね。逆面接とか、(CEOの)Fredの腰が低すぎてびっくりしたとか(笑)。入ってからはどうですか?

入社してしばらくはTimeTreeの文化に驚きの連続でしたね。新しく入社した人がSlackの絵文字やコラ画像に驚いているのを見ると、自分はずいぶん慣れたんだなと思います。

さっき言ったように私が入った当時はフロントエンドのチームがなかったので、バックエンドの定例に参加することもありました。それがまた濃いメンバーで……(笑)。定例なのにずっと雑談していたかと思うと、あるタイミングで突然ものすごくまじめな話を始めるんですよ。その落差には驚きましたね。

——切り替えのスイッチがどこにあるか全然わからないですよね(笑)。メンバーとのコミュニケーションで気を付けていることはありますか?

私はコミュニケーションに苦手意識があって、どうしたら伝えたいことをうまく伝えられるかずっと考えていました。そんなときにFredが認知行動療法の話を紹介していて。興味を持って話を聴いたら、とあるカウンセリングサービスを紹介してくれたんです。そこでメンターと話してコミュニケーションを学びました。

——だいぶ苦心していたんですね。その後コミュニケーションは変わりましたか?

かなり楽になりましたね。話しながら考えることができないから相変わらず議論は苦手ですけど……。

苦手だからこそ、資料やプロトタイプを用意してそれを見せながら議論するようにしています。Webアプリって、言葉だけで説明するより実際に動く様子を見てもらったほうがわかりやすいと思うので。

——たしかにJoshはSlackでもよくプロトタイプのGIFアニメをシェアしてくれていますね。議論中、考えがまとまる前に次の話題にいっちゃうときってありませんか? そういうときどうしてます?

ありますよ。その場では諦めています(笑)。でもみんなが話している間も考え続けて、次の話になった後に「さっきの話なんですけど、こうなんじゃないですか?」と伝えることもありますし、2日くらい経った後に伝えることもあります。

それが正しければ受け入れてくれるし、間違っていれば「違うよ」って言ってくれる。いつ言ったかより、何を言ったかを重要視してくれる会社だと思います。

——たしかに。2日後に言っても受け入れてくれる環境ですよね。

TimeTreeのメンバーは色々な意見を尊重してくれるから、自分も多角的な視点からアイディアを出したいと思っているんです。特にフロントエンドはさまざまな立場のユーザー視点を考えなくてはいけません。

考えられる視点は出し尽くしたいので、同意できる仮説や意見に対しても一度違う視点から見て意見を出すようにしています。

アプリユーザーでなくても、少しでも興味があれば大歓迎!

——まだ世の中に伝えきれていないなと思うTimeTreeの魅力はありますか?

……思い浮かばないですね(笑)。外見と中身にギャップはない気がします。TimeTreeのコアバリューは、私たちの文化から逆算して作ったものです。だからそこが食い違うことはないと思います。

——TimeTreeのフロントエンドエンジニアとして働くのに必要なスキルは何ですか?

フロントエンドってかなり技術スタックの変化が早いので、新しい技術の知識を深めていくことに貪欲な人が求められると思います。今までフロントエンドに関わってきた経験よりも、今後出てくる技術に対して積極的に触れていく姿勢の方が大事ですね。

——最後に、これから一緒に働くことになるかもしれない未来のメンバーへ向けて一言お願いします!

私は入社当時、TimeTreeのアプリを知りませんでした。だからTimeTreeのことを知らなくても、ちょっとでも興味を持ったら話を聞きに来てほしいですね。ユーザーでなくても大歓迎です。後からでも実際触ってみたらアプリに愛着は沸くと思いますし、初めてアプリを触る人の意見は貴重なんです。

——ありがとうございました!

TimeTreeの採用情報

TimeTreeのミッションに向かって一緒に挑戦してくれる仲間を探しています。くわしくは応募ページをご覧ください!

https://timetreeapp.com/intl/ja/corporate/jobs

© TimeTree, Inc. All rights reserved.